家を売る場合の税金

女の子個人として家を売る場合には、その家の売却で得た利益に対して、譲渡所得として所得税と住民税が課税対象になることをご存知でしょうか。
家が売れたら全額自分の懐に入るという訳ではありませんので、ショックを受けない為にも税金についてしっかり勉強しておく必要があります。
家を売る計画はなく、これから購入をするという方は、自分には関係がないと思っておられるかもしれませんが、実は、買い主が支払った代金の中に、税金が含まれている場合もあります。
家の売買契約の基本的知識として、納税の義務について知っておくと良いでしょう。

売り家だけではなく、土地や借地権等、建物の譲渡所得という名目上の税金は、所有期間によって変動します。
譲渡した年の1月1日の時点で所有期間が5年以上の場合、「長期譲渡所得」になり、5年以下の場合は「短期譲渡所得」に分けられ、それぞれに税額が計算されます。個人の家や土地の譲渡による所得について、給与所得等のような扱いとは異なり、切り離して考えられます。一定の税率によって課税されますので、注意してください。
この場合に、売却によって譲渡所得、つまり利益が生まれないケースでは税金が課せられることはありません。
また、特別控除がいくつかありますので、該当する場合には税金が低く抑えることができる可能性があります。家を売るとなった場合には、契約や利益について考える際、税金についてのシミュレーションも大切になってきますので覚えておくと良いでしょう。