税金の控除について

家と電卓家を売る際に得た利益に対する納税に、特別控除の特例が適応されることがあります。
特別控除は、所有期間の長い短いに関係なく、譲渡所得から3000万円が控除されるというもので、その残りの譲渡所得が課税対象になります。
これは「居住用財産を譲渡した場合の3000万円の特別向上の特例」と呼ばれており、大半の家の売買において、「3000万円の特別控除」は適応されます。
3000万円を超える譲渡所得がないのであれば、所得税や住民税について考える必要はなくなります。

この特例が該当する条件として、所得者が自ら居住していた家を譲渡、あるいは家屋と共に敷地や借地権を売却することがあります。敷地の一部だけを譲渡、または、家屋を残したまま、敷地のみ譲渡した場合には、適応外となりますので注意しましょう。
他には、譲渡する相手が、

  • 配偶者や直径の血縁者
  • 同居する親族
  • 生計を一緒にしている親族
  • 内縁関係者とその家族のように、特別な関係ではないこと

これを満たすと特例を適用することができます。また、

  • 譲渡した財産について、他の特別控除の適応を受けていないこと
  • その物件を譲渡した年の所得に対し、住宅ローン控除の適用がされていないこと
  • 譲渡した年の前年、前前年に、同じ特例、家の買い替え特例を受けていないこと

も条件です。